説明中

注目の記事

オススメリンク

豊富な用途

学校では、教える側の先生が授業内容を教わる側の生徒と共有する為に黒板を使用します。
多くの学校で黒板を主流として使用していましたが、それが近年変化してきています。
黒板を使用していたところにホワイトボードが採用されつつあるのです。
黒板に文字を書く場合はチョークを使用しますが、チョークは手が汚れてしまうという点があります。また、書く時に細かい粉が舞うので、吸ってしまっては危険です。
しかし、ホワイトボードには専用のマーカーが使用できるので、手が汚れる心配がありません。
黒板と比べると使いやすい点が多いという事から、採用する学校が増えてきているのです。

会社などでの会議にも利便性があるとして多く使用されています。
話し合いの場では、その内容をメモする必要があります。
各々が個人的に行っていては、全体の話し合いを同じ内容で確認し合う事が出来ません。
人によって、話し合いの中でどこに重きを置いているかは異なるので、メモする内容も異なっていくでしょう。
しかし、ホワイトボードなどを使用して、同じ内容を目にする事で話し合いはスムーズに進める事が出来ます。
マーカーにはいろいろな色があるので、重要性を伝える部分を色分けして強調する事も出来ます。

ホワイトボードは白いので、プロジェクター代わりにもなります。
パソコンなどを用いて作成したデータを皆に見せながら説明する時にとても便利でしょう。
特別な棒で注目したい部分を指す事も出来ますが、画像を変えないのならその部分にマーカーで目印を付けてより分かりやすくする事も可能です。
さまざまな用途があるという事で、その需要は高く、多くの文具店や専門店、通販サイトで販売されています。
学校や会社で使用するような大きい物でなければ、身近なスーパーでも購入する事は可能です。
一般家庭でも、ちょっとしたメモとして使用しています。